オスグットで膝を伸ばせないサッカー部の患者さん

サッカーをしていてオスグットになった患者さん

今日の夕方、膝を曲げたり伸ばしたりすると痛いという方が来院されました。
当院にも膝を痛いといって来院される方は多いですが、両膝の下(オスグット)が痛いという方は久しぶりにみました。

 

オスグットの原因はよく「成長痛」と言われていますが、これは実は違います。
もし、オスグットの原因が成長痛なら成長する子どもは皆オスグットになるはずです。
なので、成長するために痛いのではなく、「原因」があるから痛みがでるのです。

オスグットの原因のほとんどが、骨盤のゆがみ(捻挫)からくるものです。                                        ですので、痛みが出たらまずきちんと検査をして骨盤を含めた関節の歪みをとっていけば痛みは取れていきます。

どれぐらいの期間で治るかは、痛くなってからどのくらい時間が経っているか、症状が悪化しているかによって変わってきます。         痛みが出た場合は、なるべく早くに治療をすることをお勧めします。

===================================

【堺市中百舌鳥の接骨院】整体・マッサージ師も来院される中林整骨院


南海高野線中百舌鳥駅・地下鉄御堂筋線なかもず駅から徒歩5分

〒591-8023大阪府堺市北区中百舌鳥町5-758アキボウ第2ビル1階


TEL 072-255-0102

「ホームページを見て…」とお電話ください。


診療時間 9時~13時/16時~20時
      (土曜は9時~12時/14時~17時)

定休日 水曜日午後・日曜日・祝日 


当院は予約制となっております。

お気軽にお電話下さい

=================================

コメントを残す

このページの先頭へ