交通事故でむちうちに遭ってからお酒を飲んで痛みがきつくなった患者さん

交通事故 むちうち

先日、交通事故に遭ったという患者さんが来院されました。

症状は頭から首・背中の痛みですが、事故の様子を聞いていても
そこまでひどい事故ではないにもかかわらず痛みの訴えがとても
きつそうだったので、いろいろ話を聞いていると事故に遭ったその日の
晩に結構お酒を呑まれたそうです。


おそらく事故で首周辺を損傷していて、お酒を飲んだことで血流が
良くなりすぎて炎症が強くなったのだと思います。

似たような例をあげると、虫さされのあとお風呂でゆっくり浸かって
温めていると、しばらくしてからみるみろ虫に刺されたところが
腫れあがってきて痛みが強くなる…というのと似ています。

大したこと無いと思っていても素人判断せずにまずはしっかり
検査をしてもらい、異常がそんなに見当たらなくてもせめてその日は
お酒を飲むのはやめておいたほうがいいでしょう。

この患者さんには、頚部の処置をしたあと、急性症状なので
患部の冷却をして終了しました。

急性期は患部の炎症を積極的に取り除くことで炎症は落ち着いてきます。

炎症が落ち着いてくると痛みもしだいに軽減してくるので急性期は
しっかりと冷却してあげることです。

詳しい説明がお聞きになりたい方は一度当院までご相談ください。

==================================

【堺市中百舌鳥の接骨院】整体・マッサージ師も来院される中林整骨院


南海高野線中百舌鳥駅・地下鉄御堂筋線なかもず駅から徒歩5分

〒591-8023大阪府堺市北区中百舌鳥町5-758アキボウ第2ビル1階

TEL 072-255-0102

「ホームページを見て…」とお電話ください。

診療時間 9時~13時/16時~20時
      (土曜は9時~12時/14時~17時)

定休日 水曜日午後・日曜日・祝日 

当院は予約制となっております。
お気軽にお電話下さい


コメントを残す

このページの先頭へ