法事で長時間座っていて立ち上がるときに腰を痛めた患者さん|【堺市の接骨院】中林整骨院|

お盆

先日法事があって長時間イスに座っていて腰を痛めた方が来院されました。

これからお盆が近づくにつれてこういう症状の方が増えると思いますが
長時間の座位姿勢というのは腰に非常に負担がかかります。

この負担を減らすためにどのように座るとよいのかというと
太ももとすねが直角になるように座ることで腰に力が入ります。

そうすると足にも力が入っているので腰が不安定になることは
かなりなくなります。

ただ、正しい姿勢と自分で思っていても意外ときちんと座れていない方が
多いので、きちんとした座り方を覚えるようにしてみてください。

あと、正座も座る姿勢という意味では非常にいい姿勢です。
ただ、慣れていないと長時間できないのでこれもやはり訓練が必要になります。

足がしびれたからと言って横座りをすると腰や股関節に負担がかかり
痛みがでることもあるので気を付けてください。

正しい姿勢や歩き方・座り方を知りたい方は当院までご相談ください。

=====================================

【堺市中百舌鳥の接骨院】整体・マッサージ師も来院される中林整骨院

 

南海高野線・泉北高速鉄道中百舌鳥駅
地下鉄御堂筋線なかもず駅から徒歩10

 

5918032

大阪府堺市北区百舌鳥梅町1164

 

TEL 0722550102

 

当院は予約制となっております。

 

お気軽にお電話下さい

 

診療時間 9時~13/16時~20

      (土曜は9時~12/14時~17時)

定休日 水曜日午後・日曜日・祝日 


 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ