腰痛にレントゲンはもう非常識!!|【堺市の接骨院】中林整骨院|

794bd065b8fefb5933bdff86055308ef_s

最近めっきり寒くなってきてぎっくり腰などの
痛みで急遽来院される方が増えてきました。

そんな中多いのが、

「痛くなったのでレントゲンを撮ってもらいました」

という方です。

レントゲンを撮るなというわけではありませんが「
転倒もしていないのにレントゲンを撮ったところで
骨に異常が見つかるわけがありません。

転倒したり、外力が加わった際はレントゲンで
確認することも必要だと思います。

それ以外の痛みの場合はレントゲンでなくとも
きちんと触診したり可動域をみることで、どこに
痛みがあるのか判断できます。

施術をするにあたり、筋肉が損傷しているのか、
関節の動きが悪くなり痛みがでているのかを
判断しなければばりません。

画像診断のみで診断するのはだれでもできます。
そのような病院や整形外科は気をつけた方がいいでしょう。

もちろん、整骨院も同じです。

すぐにベットに横してただマッサージしかしないところは
はっきり言って異常です。

これでは医療ではありません。
ただの揉み屋さんですので、すぐに別の整骨院に
行かれた方がいいと思います。

レントゲンも少量ですが被ばくするので
やはり過剰な検査は控えるほうがよいでしょう。

これから年末にかけて痛める方が増えてきます。
できるだけ痛みがでる前に受診されることをオススメします。

 

==============================

【堺市中百舌鳥の接骨院】整体・マッサージ師も来院される中林整骨院

○最寄り駅:泉北高速鉄道・南海高野線 中百舌鳥駅南出口より徒歩10分
       地下鉄御堂筋線 なかもず駅6番出口より徒歩10分

○住所:591-8032
     堺市北区百舌鳥梅町1-16-4ラレックス城ノ山102号
    (定ノ山古墳が前にあります)

○電話番号:072-255-0102

         当院は予約制となっております。

         まずはお気軽にお問い合わせください

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

コメントを残す

このページの先頭へ