アレルギー

15e2b5e88a100fc06de3317ecb1a22da_m

 

アレルギーの定義として、生体が特定の物質(アレルゲン=抗原)に対して、異常な過敏な反応を示すこと。

とあります。

簡単に説明すると、【過剰反応】もしくは【過敏反応】ということになります。


アトピー性皮膚炎・気管支喘息・花粉症・食べ物・薬物などが代表的なアレルギーとして知られています。


では、アレルギーはなぜ起こるのでしょうか?

 

アレルギーは遺伝が原因??

よく言われるのが遺伝ということですが、本当に遺伝が原因なんでしょうか。

全く遺伝がないとは言い切れませんが、本当に全ての病気が遺伝であるのならば、親がかかった病気に必ずかかるということになります。


しかし、実際はそんなことはありません。


例えば花粉症。実際に私も幼少期より毎年春先になると息苦しくなったり、目が痒くなったり、ひどいときには鼻をかむだけで鼻血が出ることもありました。
しかし、ここ1~2年ぐらいは花粉症状はゼロではありませんがかなり落ち着いています。


もし遺伝であれば遺伝子を操作しなければ治ることはありえません。


ではなぜこの花粉症のようになる人もいれば、ならない人もいるのでしょうか。また今まで症状があった人が治ったりするのでしょうか。


 

アレルギーのメカニズム

やはりアレルギーは遺伝ではなくきちんとした原因があると考えられます。


まずメカニズムとして

アレルギーを起こすと【炎症】が出ます。

炎症が起こると組織破壊とその修復のためにビタミン・ミネラル・タンパク質を消耗します。


つまりアレルギーを起こすとビタミン・ミネラル・タンパク質がなくなるため、身体の状態が悪くなってしまうのです。


これがアレルギーが起こるメカニズムです。


7b64d69b485eeddb71352bf5b1c0d603_mさらにアレルギーを抑える薬を服用していると、この薬を分解するためにビタミン・ミネラルを消耗するためしっかり食事で摂取していても足りていない状態となってしまうのです。


 

アレルギーの改善方法

アレルギーを改善していくために必要なことは、治療でまず身体のバランスを整え神経の流れを正常にし自律神経を整えていくこと。
併用して生活習慣、特に食事の見直しをしていくことが重要となってきます。


このビタミン・ミネラル・タンパク質・自律神経の状態を調べるための方法が、血液検査です。

この血液検査を【分子整合栄養医学】に基づいて理想値を読み取ることで、客観的にあなたの身体の中の状態がわかります。


この状態がわかれば、あとは治療と生活習慣で整えていくだけです。


目先の症状を薬で抑えるというのは臭いものに蓋をしているのと同じです。


アレルギーは治らないと思っているあなた。原因を取り除けばアレルギーは治ります。

長年悩んでいた症状を一緒に改善させていきましょう。



 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ