脊柱管狭窄症

3a9171252ce564a9617f0d2d54964139_m

足のしびれが強く、病院を受診すると手術しか方法がない…とお医者さんに言われてお困りのかたが当院に藁にもすがる思いで受診されたのがきっかけでした。

今までも脊柱管狭窄症と言われた患者さんを診たことはありましたが、一日中焼けるような痛みがある、100㍍も継続して歩けないという人は診たことがなく正直どこまで安定するのか確信が持てませんでした。

しかし、この患者さんの「どうしても手術は嫌で何とかしたい」という思いにこたえたい一心でできうる限りのことを行った結果、今ではショッピングモールに買い物に行ったり旅行にも行けるようにまでなられました。

このような強い症状の方でも根気よく施術を行えば大きく状態がよくなるということが分かったので、脊柱管狭窄症でお悩みの方にも希望を持ってもらいたくて、この患者さんに行った施術の流れを説明したいと思いますのでよろしければ参考にしてみてください。

病院で行う脊柱管狭窄症のリハビリとは?

 984484beceb2278c68b5447937fcb847_s

まず病院で、「歩くとすぐ足が痺れていたい」という話をすると、必ずレントゲンやMRIで画像検査を行い変形などの状態を確認します。

ここで脊柱管が狭くなっていれば【脊柱管狭窄症】という診断がつきます。

しかし、脊柱管狭窄症と診断されたからと言ってもちろん症状が治まるわけではありません。ただ診断されただけですから。

 

で、ここからリハビリを行うのですが、やることは薬による疼痛緩和と運動によるリハビリなどですが、残念ながらこれだけでは改善することは困難です。

実際に病院やクリニックで薬や運動療法を行っている年配の方が治って卒業するという話は残念ながら聞いたことがありません。

 

脊柱管狭窄症の真の原因とは?

 

本当に脊柱管が狭くなったのが足のしびれや痛みの真の原因であれば、手術をして狭くなっているところを解放してあげれば症状は完全に消失するはずです。

しかし、脊柱管狭窄症で手術に踏み切った方の体験談などを見てみるとよくわかります。中にはよくなったという方もいますが痛みは引かない、少しだけマシになったというような方が多いのも事実です。

脊柱管が狭くなっていることは事実ですが、すべての方がこの狭小化がしびれや痛みの原因ではないということです。


脊柱管の変性や狭小化は確かに問題です。しかし、当院に受診されている患者さんは、施術を開始していくと症状がゆっくりではありますが緩和していく傾向があります。
しかし、画像検査を行うと変性や狭小化はそのままです。

ということは、変性や狭小化は結果であって原因ではないということになります。

脊柱管が変性したり狭小化する原因の大本は、骨盤のゆがみが大きく関与しています。
もちろん、骨盤の上にある背骨の柔軟性の低下もそうでしょう。股関節に問題があったかもしれません。

問題はその場所だけに目を向けるのではなく、もっと大きく全体を俯瞰してあげる必要があります。


f2698a67594ee1f918584f468b122436_m上記にも記載させていただいた患者さんの場合は、骨盤・股関節・背骨に問題がありました。
この問題を1つずつ解消していくことで症状の緩和が起こり、体が動かしやすくなりリハビリもしやすくなってきました。

あとは少しずつですが時間をかけて繰り返すことで、足し算ですからどんどん状態が良くなり安定していきます。

この患者さん。旅行に行くぐらい元気になられたのですが、相変わらず画像検査をすると脊柱管は変性・狭小化したままです。

 

あなたが理想的な生活を送るために

 手術を全否定しているわけではありません。

 ただ、手術というのは必ずリスクが伴います。術後感染のリスクもあるでしょう。手術をすることで体力も免疫力も落ちます。手術後はまずその体力をつけるところから始めなければなりません。

当院では、特殊な器具を使用して骨盤や背骨を安定させていきます。
姿勢を正していくための器具・背骨を安定させる器具・背骨の柔軟性を高める器具など数種類を駆使して、あなたの身体の状態をより生理的にしていくお手伝いをしていきます。

8F857383-6A9F-4CF8-B863-D0C53236051D

 

自然界の動物は傷口が大きくなればなるほど、生命維持する力が落ちると言われています。人間も同じです。できるだけ傷をつけずに動けるようになるに越したことはありません。

もしあなたが本気でその症状と向き合うつもりであれば、私はあなたのお力になれると思います。
一緒に理想の状態に少しでも近づけることができるように頑張っていきましょう。

 

 

電話でのご予約は

インターネットでのご予約は

このページの先頭へ