施術の流れ

初めて来院される方は、

「治療院に行ったらどういうことをされるの?」

と不安に思われる方もいらっしゃるので、このページ
では来院されてからの治療の流れを説明したいと思います。

 

1.《問診票の記入》
まず、入ってこられましたら受付で問診票を お渡ししますのでご記入していただきます。
2.《フィッティングルームにて着替え》
ガードル・ストッキング・パンストなど身体を 締め付けるものを着衣されている場合、 検査が正しく行われない可能性があります。 そのために上はシャツやタンクトップ、下は ハーフパンツなどのゆったりとした服装に 着替えていただきます。

ハーフパンツをお持ちでなければ、当院で用意して ありますのでお貸しいたします。
3.《問診》
処置室に入ってもらい、先ほどご記入いただいた 問診票を基に詳しくお話を聞かせていただきます。
4.《検査》
今現在の痛みの原因を探すために身体の状態・ 関節の動きを調べていきます。
5.《検査説明》
検査の結果、現在の状態を説明していきます。 どこに異常があるために痛みが出ているのか、 今からどのように施術していくのかを わかりやすく説明していきます。
6.《施術》
先ほどの検査を基に施術をします。 当院では骨盤を中心とした各関節を 「整復」していきます。

「整復」とは、無理な力で矯正するのではなく ソフトな力で関節を元の位置に戻す方法ですので 妊娠中の方やお子さんでも問題なく受けていただけます。
7.《施術後の症状改善の確認》
施術後に再度、検査確認をして改善の具合を
確認します。
8.《テーピング処置》
改善した状態を安定・維持させるために テーピング処置を行います。

なぜテーピング処置をするのかというと、 痛みが起こっている状態というのは異常な 状態です。 そのため、今ここで完全に症状を除去したと してもまた異常な状態に戻る可能性があるので そうならないためテーピング処置を行います。

当然、症状が安定してくればテーピング処置は どんどん減らしていきます。
9.《日常生活における注意事項の説明》
自宅での養生法を説明します。 いくら治療をしても、日常生活での不良姿勢が 多ければ改善されません。 ここでは、改善させた状態をより長期間安定させるための 説明をします。
10.《今後の治療計画の説明》
あなたの症状が「治癒」に向かうための プロセスとそのための治療計画をご提案いたします。 もちろん、あなたのご都合もあるので ご提案に合わせるのが困難な場合は 遠慮なくおっしゃってください。 それに合わせて治療計画を練り直していきます。
11.《お会計と次回のご予約》
着替えていただいて、受付でお会計・次回の ご予約をとっていただきます。

お疲れさまでした。お気をつけてお帰りください。
このページの先頭へ