仕事場で転倒されて腰を痛められた患者さん

先日、仕事場で足を滑らせて転倒して、背中と腰を強打された患者さんが来院されました。
寝ても起きても痛いということで見てほしいと言われました。

前屈痛あり。
後屈痛あり。
回旋痛あり。
背骨の圧痛はなし。

 

ですので、骨折はありませんでした。

 

この方の場合は、仕事中の怪我ですので労災扱いになります。

当院は労災も取り扱っていますので仕事中のケガも施術することができます。

労災は会社に申請してもらうとうけることができます。

わからない場合はお気軽にご相談ください。

 

さて、この患者さんの施術内容ですが、腰を強打とのことなので骨盤を含めた股関節処置を行い、最後に背骨を整えてから
筋肉の緊張を緩める処置を行いました。
あ、マッサージではありませんよ。当院では、慰安目的のマッサージは行っていませんので。

この患者さんはまだ経過観察中ですが、現在のところ日々良好になっています。

仕事中のケガでお困りの場合も当院までご連絡ください。

当院では、院長一人で施術していますので、きちんと対応させていただきます。