下の荷物を取ろうとして腰の痛みがでた患者さん

先日、下にある荷物をとろうとして、それから腰の痛みがきつくなった方が来院されました。

本人は、無理な角度で物を取ろうとしたため痛くなったとの事ですがそれはあくまでも跡付けの理由でしかありません。

たとえば、洗面所で顔を洗う時に前かがみになって腰が痛くなったととします。この方は、この顔を洗う動作をしたために腰が痛くなった。つまりこの動作が腰痛の原因だというのです。
しかし、これは違います。
確かに腰が痛くなったきっかけはそうかもしれませんがこの動作が痛みの原因ではありません。なぜなら毎朝顔を洗う動作をしているのにたまたま今日だけ痛みがでるというのはありえません。

 

ですので、顔を洗う動作で痛くなったのは、痛みのきっかけ(発生要因)であって原因ではないのです。

 

では、この原因はなんなのでしょうか?
これを探すのが僕たち治療家の仕事です。

ですので、頻繁に腰が痛い・寝違える…といった症状でお悩みの方はその場限りのマッサージだけで済ますのではなくきちんと自分の身体に起こっていることを考えなければなりません。

長年の痛みや症状でお悩みの方は一度ご相談ください。一緒に痛みの原因を探していきましょう。