整形外科で原因不明と診断された40代の女性

1か月前から親指の痛みがでて、整形外科に行ったがどんどん悪化するので診てほしいと言って40代の女性の方が来院されました。
整形外科では原因不明の症状と診断されたそうですが、見てみると親指の腫脹と発赤が見られたので、少しストレス検査をしてみると当然ながら痛みを訴えられました。
誰がどう見ても腱鞘炎。
なぜ、この整形外科の医師は原因不明と診断したのだろうか?
全くもってそれが意味不明でした。

さて、この患者さん。1か月前から痛みがでてきて日に日に痛みが増しているとのこと。
それもそのはず。腱が反対側と比べてみると2倍ぐらいまで腫れていた。
ですので、関節の施術を行い、テーピング固定をして患部の冷却の励行を指示して施術を終了しました。
本日3回目の来院では、不意に動かすと痛みがでるものの、主張は軽減。夜間痛もなくなり症状はとても良くなっていました。
強い痛みをその場でゼロにしてあげることはできないけれど痛みにも原因は必ずあるので、その原因を除去していけば症状は
安定していきます。

腱鞘炎でお悩みの方は当院までご相談ください。