膝に水が溜まりなかなか治らない患者さん

先日、半年ほど前から膝に水が溜まり病院で何度も水を抜いているが全くよくならないと言って70代女性が来院されました。
半年前までは痛みは出ても1週間ほどで治っていたそうですがある日を境に水が溜まってからは一向に治らないそうです。
膝に水が溜まるというのは、膝に炎症が強く出ているため身体が膝を守ろうとしておこる防御反応の一種です。
ただし、狭い空間に水が溜まるため痛みを伴うのです。
この患者さんの場合、水が溜まる原因はあったのですがそのままにしておいたため炎症が強くなり水がたまり現在に至ると考えられます。
病院で膝に水が溜まるとすぐに抜きに行かれる方が多いと思いますが、何度抜いてもすぐに水が溜まるというタイプの方は、おそらく水が引くことはないでしょう。

ですので、そこに問題がないので別の原因を探す必要があります。
もし、膝に水が長期間溜まっていてお悩みであれば一度ご相談ください。

あなたが本気で治したいと思うのならそのお手伝いをすることができると思います。