フットサルをしていて腰を痛めた患者さん

フットサルをしていて腰を痛められた患者さんが来院されました。
学生時代にもサッカーをしていて腰を痛めた経験があるそうで今回も学生時代と同じような痛みがでたそうです。

検査をしてみると、骨盤の異常はそれほどなかったのですが腸腰筋の緊張が強く、また脊柱起立筋の緊張も強く出ていました。

まず腸腰筋の緊張を整えてその後に脊柱起立筋の緊張を整えました。すると背骨の動きはほぼ正常になり、股関節の可動域も正常になりました。
この時点で動作時の痛みはかなり軽減して痛みもあまりなく帰られました。

今回の症状はそこまで強くなく、骨盤のゆがみも少なかったので腸腰筋や脊柱起立筋を整えるだけで随分改善しました。

 

やはり痛みがでてすぐ施術を行うと早くに改善することが多いので痛みがでた際はできるだけ早期に来院されることをお勧めいたします。