ゴルフのスイング中に腰を痛めた患者さん

ゴルフをされていて腰を痛めた経験の方は多いのではないでしょうか。
先日来院された方もグル負のプレー中に腰を痛められました。

ではなぜ運動中に痛める方がいるのでしょうか?

理由はいろいろあると思いますが、

・準備運動不足
・体調不良
・前日の深酒
・身体のバランスが悪い
・オーバーワーク(疲労過多)

等が考えられます。(もっとほかにも原因は様々あると思わますが例を挙げてみました)

まず、準備運動不足。

これは運動前に体を動かすことで解消することができます。一番いいのがウォーキングですね。身体が温まり、なおかつ関節の動きもよくなる。ベストはこれですね。

次に体調不良。これは無理せずプレーをするしかないですね。

前日の深酒。
これも気をつけることは可能ですが、もし深酒をしてしまったのなら運動前にしっかりと汗をかく。(これもウォーキング)そしてしっかりと水分を摂取すること。

身体のバランスが悪い場合は、当院による全身調整を受けてもらい身体がスムーズに動かせるようになれば故障も少なくなります。

オーバーワーク。

これは疲労なので正直あまりプレーはお勧めしません。疲労がたまっている状態では、いくらウォーミングアップやストレッチ
ウォーキングをしても疲れが取れるわけではないので、無理をすると悪化の原因になってしまいます。

できればキャンセルするかどうしても行かなければならない場合は無理のない程度でプレーをするしかありません。

この患者さんは、連日ゴルフ三昧で体のケアもしないまま疲れがたまっている状態で行ったので、限界を超えて痛みがでました。
痛くなるにも必ず原因があります。
ですので、楽しくプレーするためにもきちんと身体のメンテナンスは行いましょうね。