自転車に長時間乗るのって腰に良くないって本当?!

先日、自転車に長時間乗ってから腰が痛くなったという方が来院されました。

 

しかし、フィットネスクラブではエアロバイクといって自転車がたくさん置いてあります。フィットネスクラブは、ご存知の通り体を鍛えるところですよね。

 

本当に自転車は腰に良くないのでしょうか。

 

当院が考える自転車について説明していきます。

 

そもそも人間というのは、立って歩く(直立二足歩行する)動物です。魚は水の中で生活するために、泳ぐという移動手段を手に入れました。鳥は空を飛ぶという移動手段を手に入れました。

 

その動物特有の移動手段があります。

 

ですので、人間は間違いなく歩いて発達(進化)してきた生き物です。その動物特有の移動をすることで、体のひずみ(ゆがみ)が解消するというデーターもあります。

人間であれば歩く、鳥なら飛ぶ、魚なら歩く…といったものです。

 

人間が、自転車に乗って健康になるというのは考えにくいのです。もし、自転車に乗って健康になるのであれば、自転車に適した形になっているはずです。

 

だから、自転車に乗って腰痛になるというのは、別に不思議でもなんでもありません。

ただ、自転車を否定しているわけではありません。

 

乗りたければ乗ったらいいと思います。

 

しかし、体に不調がある人が自転車に乗って健康になろうとするのは本末転倒だ!という話です。

 

この患者さんも、話を聞いていると、最近少し調子が悪かったということを言っていました。

もしあなたが体調不良であれば、長時間の自転車移動は控えたほうが良いかもしれません。