病院でヘルニアと診断された患者さん

先日、病院でヘルニアを診断された患者さんが来院されました。
病院での治療はレントゲンを撮って痛み止めの薬を処方されただけとのこと。

これでは治るはずがありませんよね。

痛みというのは原因なしで起こることはあり得ません。

当院では、まずなぜこのような痛みが起こったのかを調べるために全身のスクリーニング検査を行っていきます。

現在の状況がいつから起こっているのかを調べるために聞き取り(問診)をしっかり行っていきます。

そこで、原因が断定できた時点で治療を開始していきます。

この患者さんの場合、両側の骨盤のゆがみが強く、さらに股関節の問題も合併していたため、臀部より強い痛みが出ていました。

しかし、ヘルニア像はあったものの、下肢の神経異常はありませんでした。そのため、骨盤・股関節を処置することで、症状はずいぶん軽減しました。

あとは、次回来院された際にどれぐらい症状が戻っているのかを確認していき、そこで今後の治療計画を立てていきます。

このようにきちんと検査→処置を行うことで状態は変わっていきます。ヘルニアや強い痛みでお困りの場合はご相談ください。