院長プロフィール

中林整骨院 院長の中林佑樹です。

ここでは、初めて来院される方の不安を少しでも取り除けたらと思い
「中林佑樹とはどんな人物なのか」というのを少し書こうと思います。

少しでも来院される前に私をわかってもらえると嬉しいです。

院長:中林佑樹

治療後に日常生活の
アドバイスをする様子
氏名
中林佑樹
生年月日
昭和53年10月26日生まれ さそり座  O型です。

「誕生日全書」という本によると【激しさと繊細さをあわせ持った困ったときに頼りになる人物】らしいです。 生まれは両親の里が鳥取県米子市なので、たしか米子病院で産まれました。 親戚が境港にいるので、新鮮な魚やカニを送ってくれいつも美味しく頂いています。 近くには、水木しげるさんの鬼太郎ロードがあり何回か行きました。

でも育ったのは大阪府高石市です。20歳まで住んでいました。 その後泉南郡熊取町に住んでいて、今年堺に引っ越してきました。 自宅が仕事場から近いというのは通勤が楽でいいですね。
経歴
取石中学校卒業、高石高等学校卒業、大阪社会体育専門学校卒業、アムス柔道整復師養成学院卒業、曲接骨院で約9年修行してその後、堺市中百舌鳥で開院。
資格
柔道整復師、スキューバーライセンス(昔にとって全く活用していません)、スキー2級(ずいぶん滑っていません)
好きなスポーツ
野球 小学校 3年生から硬式野球のクラブチーム(ボーイズリーグ)に所属し、 高校まで硬式野球をしていました。 高校では1年から夏の大会でベンチ入りして、ずっとピッチャーを していました。ちなみに公立高校の野球部だったので、あまり強くなかった ですが3年間楽しかったです。

野球部のエースでしたが、ちょうどJリーグができてサッカーフィーバー だったため全くモテませんでした。

専門学校時代に全国大会に出場し全国準優勝。(全国大会の打率は6割弱でした) 全国大会はQVCマリンフィールド(旧名称 千葉マリンスダジアム)で行いました。 専門学校卒業後は草野球チームに所属し、現在も活動中。 ここでもピッチャーをしています。

平成23年に大阪大会に出場。和泉市代表の優秀選手に選ばれました。 目標は大阪大会で優勝して近畿大会まで行くことです。
性格
負けず嫌いです。 あと、曲がったことが嫌いです。少し頭が固いと妻に言われます。
好きな言葉
自彊、息まず。(自ら進んで努力し、励み、それを怠らないこと)
尊敬する人
曲 延秀大先生
家族構成
妻・子ども(長女 次女 長男)の5人家族です。
休日の過ごし方
基本的に自宅にはいなくて、外出することがほとんど。
朝早くから家族で遠出することが多いですね。
このページの先頭へ