交通事故

ヘルモア

こんな悩みでお困りではありませんか?

  • レントゲンを撮ったが異常なしと言われた
  • リハビリしているのに一向に良くならない
  • 事故に遭ってから痛みが引かない
  • 夜寝ているとうずいて痛みで目が覚める
  • 事故に遭ったがどこに行っていいのかわからない

どれか1つでも当てはまる方は今すぐ当院にご相談ください。

中林整骨院 院長の中林佑樹です。

当院では、平成19年に開院して以来100人以上の交通事故患者さんの施術を行ってきました。事故に遭うと頭痛・めまい・ふらつき・首の痛みしびれなど、レントゲンを撮っても異常個所が見つからないことが多くあります。

しかし、これらの不定愁訴も原因があり、きちんと施術することで改善していきます。

当院ではこれら不定愁訴の根本的な原因を取り除き、事故前の状態に近づけるように施術を行っていきます。もしあなたが交通事故に遭われて痛みや不調で辛くお困りであれば当院までご相談下さい。

まずは病院を受診してください

いきなり病院に受診してくださいって何を言ってるの?と思われるかもしれませんが非常に重要なことです。

交通事故の場合、自賠責保険を使うことができるのですが、これには病院で診断してもらう必要があります。なぜなら診断を行うのはお医者さんしかできないからです。

事故やケガをされた際はまず病院に行って今ある症状を全て訴えて検査をしてもらってください。

当院で自賠責保険を扱うには、診断書に記載されている箇所のみの施術しかできませんので、必ず症状はすべて訴えて検査をしてもらっておいてください。

異常はないと言われたのに痛い…

病院で検査をされる際、多くの方が【レントゲン】をとり、そして

 

「骨には異常はありません」

 

と言われて湿布と痛み止めの薬を出されて終了だと思います。

 

しかし、残念ながら多くの方は痛み止めとシップのみでは症状は治まりません。

 

なぜなら原因がとれていないからです。

 

「痛みは残ったまま…」となります。

病院で行うリハビリ

全ての病院とは言いませんが、当院に来院された方のお話では

=================

   電気を当てる 
     ↓
     牽引
     ↓
    マッサージ
     ↓ 
  痛み止め・シップ

=================
というパターンが多いようです。

 

これでは痛みがとれるどころか悪化するケースもあります。

特にこの牽引というのは危険ですので注意が必要です。

 

しっかりリハビリをする病院もあるみたいですが流れ作業的なところも多いようです。このリハビリを実は整骨院でも行うことができます。

ここからが当院の出番です。

当院は関節や筋肉を施術する専門です

整骨院で施術を行うには【柔道整復師】という国家資格が必要です。

 

この資格は「骨折・脱臼・捻挫・打撲・挫傷」という症状を施術するスペシャリストです。

 

たとえば交通事故で首が痛いという方の多くが「頚椎捻挫」と いう症状を起こしています。さらに周辺の筋肉の損傷や過緊張があり炎症も重なって痛みがでています。

 

この関節や筋肉の損傷の施術を行うことができるのが当院です。

交通事故の方の施術はこのように行います

交通事故と言っても事故の仕方は様々です。

====================

・停止中の車の運転席に座っていて、後方より追突。

・助手席に座っていて左側方より接触。

・前方より追突。

・バイクに乗っていて右折車に巻き込まれ損傷。

====================

 

…細かくあげるとキリがありません。それぐらい損傷のパターンは様々です。

 

その損傷パターンを把握するためにもまず、

=================

・どのように事故に遭ったのか
・車はどこにあてられたのか
・どのように転倒したのか
・どこに痛みがあるのか
・いつから症状があるのか
・どのような動作で痛みがでるのか

=================

…ということをしっかり聞きとる必要があります。
実はここが一番重要です。

 

いくらすごい腕を持っていてもこの原因の認定がきちんとできなければ治るものも治りません。

当院ではこの聞き取りに非常に時間をかけています。

 

交通事故治療の流れ

1.病院で診察を受け、精密検査を受ける。通院は中林整骨院でしたいと病院に報告し来院。損害保険会社に当院に受診する旨を伝え診断書を持参のうえ来院ください。

 ↓

2.施術申込書に必要事項を記入していただきます。

 ↓

3.問診・検査・姿勢分析・カウンセリングにより症状を認定していきます。
 ↓

4.骨盤整復・各種関節整復・運動療法・テーピング療法を症状に合わせて施術を行い、日常生活の指導も行っていきます。

 ↓

5.症状が安定すれば施術は終了です。

施術の流れ

写真は左右にスライドできます

問診

問診

当院ではまず「なぜこの症状が起こったのか」という原因探しから始めます。
================
・いつから痛みが出てきたのか
・過去に同じような症状はなかったのか
・どのような動作で痛みが出るのか
・今までの既往歴
・生活習慣の問題
・事故や外傷(転倒歴)
================
…などをしっかりと聞き取ります。特に重要視していることが、事故や外傷(転倒歴)で、この認定ができれば症状改善の可能性はグンと上がります。

スクリーニング検査

スクリーニング検査

当院ではまず細かく関節の可動域などをみていきますが、これは現在の関節のゆがみなどを調べるためのものです。

痛みがつらいのは重々承知ですが、根本的に治すためにはどうしても原因の追究は必須となっています。

検査結果の説明

検査結果の説明

ここで、だいたいどれぐらいの施術期間・施術頻度がいるのか認定していきます。

この時点で、あなたに施術を受けて一緒に頑張っていくのか決めていただき、その後施術となります。

施術

施術

施術はまず関節の異常個所を整えていき、痛みではなくまず関節の動きを正しくしていくことから始まります。

当院ではまずは骨盤や背骨を整え、必要に応じて軟部組織(筋肉)も整えていきます。

施術後の検査

施術後の検査

施術前と施術後が変化するのは当然ですが、次回来院される際にどれぐらい戻ったかを確認するための重要な検査となります。

自宅での療養指導

自宅での療養指導

施術をいくら行っても普段の生活習慣や姿勢に問題があれば良くなりません。

あなたに合った日常生活の注意事項や運動指導も行っていきます。

院内のようす

写真は左右にスライドできます

受付

受付

当院の受付です。本棚には、健康情報雑誌や漫画があります。

キッズスペースです

キッズスペースです

お子さんが遊ぶスペースです。
ラックもあるので、小さいお子さんも大丈夫です。

処置室です

処置室です

ここで施術を行います。ホワイトボードに書き込んで説明することあります。

ウォーターベットです

ウォーターベットです

産後の骨盤の安定や恥骨痛、歩行障害の方におススメです

脊柱非観血外科処置台

脊柱非観血外科処置台

脊柱を整える処置台です。難治性症状の脊柱管狭窄症にも対応できますし、妊娠中の方もお腹を圧迫せずに施術を受けてもらうことができます。

当院の施術はお医者さんからも高い評価を得ています

「真の解決策」を医師である私と共に学び、心得ている頼もしい先生です

【中林佑樹先生への推薦の声】
ウイルス感染の予防に限らず、自分で自身を守る「免疫」と「栄養」に関する「真の解決策」を医師である私と共に学び、心得ている頼もしい先生です。

野口基礎医療クリニック 院長
内科医・産業医 野口 勇人

当院の施術は全国のプロ施術家から高い評価を得ています

常に前向きで勉強熱心な姿勢にいつも頭が下がります

佃隆先生

中林先生は、親身になって相談にのってくださる、温かいお人柄の先生です。

患者さん思いで、家族思い、そして仲間を大切にされる方です。

治療家の勉強会でお知り合いにならせていただきましたが、常に前向きで勉強熱心な姿勢にいつも頭が下がります。

妊婦さんやママさん達の気持ちを組んだコミュニケーションをされており、ママさん達からの信頼が熱く、ママさん達から依頼を受けて産後の骨盤矯正の大切さなどの講演会も開かれています。

中林先生のホームページをご覧になって、症状を一時的に改善させるだけでなく、根本から改善させたい、治る過程やメカニズムをわかりやすく教えてほしいとお考えでしたら、まずは中林先生にご相談され、検査を受けてみてはいかがでしょうか。

 

満足のゆく治療を受けていただけますので、中林先生を自信をもってお薦めいたします。

 

ファミリーカイロプラクティック三鷹院 院長
NPO子供の姿勢をよくする会 代表
オーストラリア公立マードック大学健康科学学部
カイロプラクティック学科卒 B.H.Sc(Chiropractic)
佃 隆

産前産後に関する豊富な経験と知識を活かされています

中田智子さん

日本の未来を支える縁の下の力持ち、それが中林先生です。
未来の宝である子どもを出産するのは女性です。
妊娠・出産を境に大きく姿勢は歪み、腰痛、肩こり、頭痛、生理痛・PMS、尿もれ、自律神経の乱れなど様々な不定愁訴に苦しむお母さんが多いです。

 

しかし、女性の体の悩みを専門している治療院は少なく、産前産後の悩みを気軽に相談することができる場所がないと悩んでいる方もいます。
そんな中、中林整骨院では、患者様の大半が女性であり、産前産後に関する豊富な経験と知識を活かされています。
例えば、産前産後のケアでは患者様のお声を反映し、さらしの強みを活かしつつ、さらしの弱点を克服したいと『さらし骨盤ベルト』の監修に携わって頂きました。
施術だけでは不具合が再発し、根本解決しないことも多いと一般的に言われていますが、中林先生は生活習慣や運動療法の指導なども行っています。
とても患者様想いであることが、メニューに現れています。

一般社団法人 日本姿勢予防医学協会 代表理事
プラスムーブ 代表 中田 智子

痛いから病院に行き、検査をしても「骨に異常がありません」とか「歳のせいです」と言われ結局シップや痛み止めを渡されておしまい。

リハビリと言っても電気を当てたりマッサージをするだけ。そのうち「筋肉が弱いから筋肉を鍛えなさい」と言われて筋トレをしたらさらに痛みが増す。

このままじゃいけないと思っても、どうしていいのかわからず今のままなかなか動けない…という方が非常に多いです。しかし、残念ながら今のままでは悪くなることはあっても良くなることはありません。

しかし、私は今まで20年以上臨床をしてきましたが、年齢・症状に関係なくたくさんの方々が改善していくのをみてきました。

「歳だから治らない」、「この症状だから治らない」というのはありません。きちんと原因を取り除くことで改善していきます。

あなたが今どんな状態であってもです。

毎日病院通いの人生なんて楽しくないですよね。元気にやりたいことができる身体づくりをして楽しい人生を送りましょう!

中林整骨院 院長 中林佑樹

LINEからのご予約は24時間受付中です

中林整骨院

〒591-8032大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4ラレックス城ノ山102