足底筋膜炎

ヘルモア

こんな悩みでお困りではありませんか?

  • 足裏がつっぱっている感じがある
  • 歩き出すと痛みが強くなる
  • 足の裏を押すと痛む
  • 運動したりすると足の裏が強く痛む
  • ヒールやパンプスをはくと痛みが強くなる

どれか1つでも当てはまる方は今すぐ当院にご相談ください。

中林整骨院 院長の中林佑樹です。

足底筋膜炎は意外と多い症状で、人口の約10%もの方が罹っていると言われています。痛みが強い場合、その場の症状を取り除くために痛み止めの薬や注射を打つ気持ちはよくわかります。しかし、注射や薬だけに頼っていてはいつまでたっても治るどころか症状は進行していくばかりです。

足底筋膜炎も原因があり、この原因を取り除くことで症状は改善に向かっていきます。当院ではこの足底筋膜炎の原因を取り除くことができます

もしあなたが足底筋膜炎でお悩みであれば、きっとお力になれます。まずは当院までご相談ください。

一般的に言われる足底筋膜炎の原因とは?

一般的に、ふくらはぎの筋肉やアキレス腱の柔軟性が低下したり、着地時の足の踏み込み動作がうまくできなくて足首が十分に曲がらないなどの理由により足底筋膜にかかる負担が大きくなってしまうことで起こると言われています。

足底筋膜炎の原因として

  • 足底に負担がかかる動作や姿勢が多い
  • 足裏に負担がかかるスポーツをしている
  • 疲労の蓄積や加齢
  • 足のアーチが崩れている
  • ふくらはぎやアキレス腱が固い

などが考えられています。

病院で行われている一般的な治療方法とは?

代表的なものとして、ステロイド注射による一時的な疼痛緩和を行い、安静にするというのが一般的です。そのほかには、ふくらはぎのストレッチや足裏の筋力トレーニングなどの保存療法もあります。テニスボールやゴルフボールを足の裏でコロコロ転がすというのもあります。

インソールで衝撃吸収して疼痛緩和を行うというのもありますし、足底アーチを作るサポーターなんかも販売されています。

しかし、これらはすべて症状の緩和や悪化しないようにするものであり、根本的な原因を取り除いているわけではありません。もちろん悪いわけではありませんが、本当に症状を改善していきたいのであれば原因を取り除かなければなりません。

足底筋膜炎の真の原因とは?

足底筋膜炎の真の原因は中足骨の回外、内反のために母趾側の足底筋膜の総長が長くなり、筋膜の過緊張を引き起こすことによって起こります。そのため、この関節捻挫を除去しないことには症状の消失はあり得ません。

 

当院ではこの関節の捻挫を除去し、それから足のアーチを保全するためのテーピングを行い、ふくらはぎの筋緊張を緩めて、再発しない環境を作っていきます。

院長からのメッセージ

私も足底筋膜炎を経験したことはあるのでつらい気持ちはわかります。しかし、残念ながら病院に行っても痛み止めの注射を打ち痛みを和らげるだけで、根本的な解決には至りません。テニスボールを足の裏でコロコロすると気持ちいいし少し楽になります。インソールを入れることで衝撃を吸収することができるので痛みは軽減します。

しかし、これらは症状を緩和しているだけで根本的な解決には至りません。

やはり上記で記載した通り、足底筋膜炎の本当の原因である関節の歪みを整え、アーチを形成するための固定を行い、そのあとにテニスボールで筋緊張を緩めたり、インソールで衝撃を緩和したりしなければ本当の解決にはなりません。

そろそろ足底筋膜炎の症状から卒業できるように一緒にがんばりましょう!

中林整骨院 院長 中林佑樹

ご提案

ホームページ限定特典

初めて通う方の中には、自費診療というのはなかなかハードルが高くて行きにくいという方もいるかもしれません。そのようなあなたのために少しでも来院しやすいようにするため初回限定ですが特別なご提案となっております。

10名限定となっておりますのでお早めにお問合せください。

TEL:0722550102

LINEからのご予約は24時間受付中です

中林整骨院

〒591-8032大阪府堺市北区百舌鳥梅町1-16-4ラレックス城ノ山102